日本防衛学会タイトル
 

平成30年度秋季研究大会プログラム

~~平成30年度(秋季)研究大会・プログラム~~

 

印刷用:平成30年度(秋季)研究大会ブログラムのご案内.pdf

 

第1日目: 11月16日(金)     【受付】 社会科学館1階入口フロア

[ 開 場]              12:45

〈役員会:本部庁舎2階第4議室  12:0013:10

 

研究大会開会

【会場】 社会科学館3階大教場            13:20~15:00

 

・開会挨拶                    日本防衛学会会長 五百旗頭 

 

Ⅰ 部会1「防衛を支える技術戦略」

司会兼討論者:                桜美林大学教授 加藤  朗

報告①「サイバーセキュリティを支える技術戦略」

慶應大学大学院政策・メディア研究科教授 土屋 大洋

報告②FS-Xの教訓と我が国の将来戦闘機について」

元統合幕僚長〔空将〕 岩崎  茂

報告③「将来戦闘機開発と防衛生産・技術基盤戦略」

元技術研究本部技術開発官・航空機担当〔空将〕山崎 剛美

 

休 憩

Ⅱ 《第4回日本防衛学会猪木正道賞 発表・授賞式》

【会場】 社会科学館3階大教場            15:10~16:00

1.理事長挨拶

2.猪木正道賞(三賞)受賞者発表並びに選考委員(長)による講評  田中 明彦

3.猪木正道賞(三賞)の授与及び副賞の贈呈      基金理事長 五百旗頭 

4.受賞者による受賞作品についての報告

 

休 憩:記念講堂へ移動

 

「防大資料館」、「防大総合情報図書館」見学(希望者)     16:00~16:30

 

Ⅲ 特別企画:シンポジウム

「トランプ政権と流動化する国際政治」

【会場】防衛大学校記念講堂               16:45~18:15

※本年度は、防衛大学校全学課外講演と共催で防衛大学校記念講堂において実施する。

 

司会兼討論者:           防衛大学校長・日本防衛学会特別顧問 國分 良成

報告①朝鮮半島の脱冷戦と東アジアの新冷戦

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授 李  鍾元

報告②中間選挙後のトランプ外交

慶應義塾大学環境情報学部教授 渡辺  靖

報告③「大西洋・ユーラシア関係の中のヨーロッパ」

東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授 渡邊 啓貴

 

移 動

 

防衛大学校・日本防衛学会共催

意見交換会=懇親会 〔防衛大学校本部庁舎1階大会議室〕  18:30~19:45

 

***************************************************************************************

 

第2日目:11月17日(土)     【受付】 社会科学館1階入口フロア

 

Ⅳ 部会2「防災と危機管理」           10:30~12:10

【会場】社会科学館3階大教場

司会兼討論者:                  日本防衛学会会長 五百旗頭 

報告①米軍による国内災害救援の経緯と状況」

人と防災未来センター主任研究員 中林 啓修

報告②「首都東京の危機管理:首都直下地震への対応について

前東京都危機管理監 田邉 揮司良

報告③自衛隊の災害派遣態勢の変遷(仮)

元陸上幕僚長 火箱 芳文

 

Ⅴ 部会3「自由論題」           10:30~12:10

【会場】人文科学館111番教室 

司会者兼討論者:                   日本防衛学会副会長 齋藤  隆

報告①「基盤的防衛力と自衛隊:軍事技術の変革と正統性の視点から

慶応義塾大学大学院法学研究科博士課程 王 瑞

報告②「マルチエージェントによる群行動の自律的な獲得」

防衛大学校情報工学科准教授 佐藤  浩

報告③「大規模自然災害に対する耐衝撃シェルター」

防衛大学校環境建設環境工学科教授 別府万寿博

報告④「大正、昭和初期の海軍における「東洋的人格主義」の系譜とその波及

効果に関する考察:安岡正篤の海軍大学校出講を起点として

九州大学大学院比較社会文化研究院特別研究者 木下 宏一

 

昼食・休憩

 

〔午後の部〕 【受付】社会科学館1階入口フロア         12:45

臨時総会社会科学館3階大教場                13:10~13:30

 

・協力校挨拶     防衛大学校長  國分 良成    13:30~13:40

 

Ⅵ 共通論題部会「朝鮮半島をめぐる東アジアの安全保障」

【会場】社会科学館3階大教場                 13:40~15:50

 

司会兼討論者:               静岡県立大学国際関係学部教授 梅本 哲也

報告①「米朝対話と非核化に対する北朝鮮の政策」

聖学院大学政治経済学部教授 宮本  悟

報告②「米朝対話への中国の対応とその背景」

防衛大学校国際関係学科准教授 佐々木 智弘

報告③「米朝首脳会談をめぐる東アジアの安全保障:トランプ政権の視点

上智大学総合グローバル学部教授 前嶋 和広

 

・閉会挨拶    日本防衛学会副会長 小此木 政夫   15:50~16:00

 

閉 会

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

*出欠のご返事は、会員の方は同封の返信用葉書に所用事項をご記入の上、11月9日(金)までに必着するようご投函下さい。また、メール又はFAXでの返信も受け付けます。

 

研究大会に参加される方には、参加費(資料代を含む)として、一般会員千円、大学院生会員5百円(*非会員の方は2千5百円を申し受けいたします。

なお、聴講を希望する非会員の大学院生及び学部学生は、本会会員による紹介がある場合に限り、千円とします。

 

非会員の方で聴講を希望される方は、事前に日本防衛学会のウェブサイトからお申し込みフォームを利用してご登録ください。お申し込みフォームが利用できない方は、メールまたはFAXでのお申し込みも受け付けます。この際、住所・氏名・所属を必ず明記の上、学会事務局までご連絡下さい。(なお、一般聴講者の申し込みは、11月12日(月)まで受け付けます。)

 

*意見交換会(兼懇親会)費(4千円)は、当日、大会受付又は意見交換会受付にてお支払い下さい。非会員の方もお申込みいただけます。

 

*新たに入会を希望される方は、研究大会当日、受付に入会申込書(会員2名の推薦者署名)をご提出下さい。入会申込書の配布もしております。(但し、入会には後日開かれる学会役員会での承認が必要となります。)

 

*昼食は、学生会館2階のレストランを利用できます。また、1階コンビニストアでお弁当が購入できます。お弁当等の喫食場所は、学生会館1階並びに2階ホールをご利用下さい。

 

*学会費(年会費7千円)未納の方は、同封の郵便振替用紙にて日本防衛学会宛に納入下さるようお願いします。銀行振込みも利用可能です。銀行振込をご希望される方は、学会事務局までご連絡下さい。

 

*宿泊を要する方は、斡旋はいたしませんが、セントラルホテル〔横須賀中央駅側 Tel046-827-1111〕又は観音崎京急ホテル〔Tel046-841-2200〕を使用される場合は、日本防衛学会参加の旨をお伝えいただければ、便宜を図っていただけます。

 

*防衛大学校までの道順並びに会場案内は、案内図をご覧下さい。

防衛大学校までの交通案内.pdf

校内・バス停案内図.pdf