日本防衛学会タイトル
 

第1回「世界の国防制度と政策」研究分科会について

第1回「世界の国防制度と政策」研究分科会について


「世界の国防制度と政策」研究分科会では、現代国際政治の中でその動向が重要視されるイラン・イスラーム革命30年を迎えたイランを取り上げ、つぎのとおり第1回研究会を実施しました。

日 時 : 平成21年3月18日(水)15:00~17:00
場 所 : 防衛大学校 図書館 AVホール
テ-マ : 現代イランの国防体制と戦略情勢を考える
挨 拶 : 「世界の国防制度と政策」研究分科会の趣旨について
          日本防衛学会理事 永澤 勲雄
Ⅰ.現代イランの国防体制と軍事戦略
             防衛大学校教授・1等陸佐    太田 清彦
Ⅱ.アメリカ戦略におけるイランの位置づけ
            防衛大学校人文社会科学群長  孫崎  享
Ⅲ.討 論
          司 会   尚美学園大学大学院客員教授 高井  晋
対 象 : 日本防衛学会員及び聴講を希望する防衛大学校本科・研究科学生
(報告者略歴等)
 太田清彦:1979年防衛大学校卒(23期、陸)。1992年第1次カンボジア派遣施設大隊(PKO)広報官。
        1996年在イラン防衛駐在官。2004年第35普通科連隊長。
        2005年第5次イラク復興支援群長。2005年12月防衛大学校国防論教授。
        〔著書〕「カンボジアPKOと広報活動」『PKOの史的検証』錦正社、2006、他
 孫崎 享:1996年東京大学法学部中退。同年外務省入省。1975年ハーヴァード大学国際問題研究所研究員。
        1993年在ウズベキスタン大使。1997年外務省国際情報局長。
        1999年在イラン大使。2002年防衛大学校公共政策学科教授。
        〔著書〕『日本外交 現場からの証言』中央公論社、1993、(山本七平賞)、他


第1回「世界の国防制度と政策」分科会のご案内  印刷用PDF20090318program.pdf