日本防衛学会タイトル
 

日本防衛学会会則

日本防衛学会会則

(名  称)

第1条 本会は、日本防衛学会と称する。

2 本会の英文名称は、JapanSociety for Defense Studies (JSDS)とする。

(目  的)

第2条 本会は、21世紀の高度化し流動化する国際社会にあって、実効的な安全保障研究のため学者・研究者と実務家・専門家との連携協力が不可欠であるとの認識を共有し、両者の参画を得て国の防衛と国際の平和に関する学術研究の充実・発展を図るとともに、会員の研究の助長及び会員相互の親睦を図ることを目的とする。

(事  業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行う。

(1) 機関誌、その他図書の発行

(2) 防衛大学校その他の大学との協力による研究大会の開催

(3) 講演会及び研究分科会の開催

(4) 本会と目的を同じくする内外諸団体との連絡

(5) その他、役員会において必要と認める事業

(会  員)

第4条 本会の会員は、通常会員、大学院生会員、賛助会員、機関誌購読会員及び名誉会員とする。

2 会員の入会、退会及び会費に関する規則は、役員会の承認を得て、別にこれを定める。

3 会員は、所定の会費を納入するものとする。

4 名誉会員は、本会の発展に特別の功績があり、かつ、役員会の推薦により、総会において承認を得た者とする。

5 会員及び名誉会員は、機関誌の配布を受けるとともに、本会の諸事業に自由に参加し、研究論文等を投稿することができる。

6 機関誌購読会員は、機関誌の配布と研究大会の案内を受ける。

(役  員)

第5条 本会は、次の役員を置き、役員会を構成する。

 会 長   1名

 特別顧問  1名

副会長  若干名

 理 事 20名以内

 監 事   2名

 顧 問  若干名

2 役員会に、名誉会長を置くことができる。

(役員の任務)

第6条 役員は、本会の運営をつかさどる。

2 役員の任務分担については、次の各号に掲げるところによる。

(1) 会長は、会を代表し、会務を統括する。

(2) 特別顧問は、会長の諮問を受け、助言を行う。

(3) 副会長は、会長を補佐し、会務を分掌する。また、会長が欠けた時は、副会長

がこれを代理する。 

(4) 理事は、会の運営に関する事務をつかさどる。

(5) 監事は、会計の監査をつかさどる。

(6) 顧問は、会の運営に関し、助言を行う。

(役員の任期)

第7条 役員の任期は、2箇年とし、再任を妨げない。

(会  議)

第8条 本会の会議は、総会及び役員会とし、事務局が会議の事務をつかさどる。

(総  会)

第9条 総会は、毎年1回開催する。ただし、会長が必要と認める場合は、臨時総会を開催することができる。

第10条 総会は、会員をもって構成し、次の各号に掲げる事項を議決する。

(1) 事業計画及び予算の決定

(2) 事業報告及び決算の承認

(3) 会則の改正

(4) 役員の選任

(5) その他、役員会において必要と認める事項

第11条 総会の議決は、出席の過半数でこれを決する。可否同数の場合は、議長の決による。

(役員会)

第12条 役員会は、第10条に定める議決事項について審議するとともに、本会の事業の運営と執行について責任を負う。

2 役員会は、必要の都度開催する。

3 役員会は、委任状を含む役員の過半数の出席をもって成立し、議決は出席者の過半数の賛成によるものとする。

4 役員会の議長は、会長がこれに当たる。

5 役員会に、以下の運営会議、事務局及び委員会を置く。

(運営会議)

第13条 運営会議は、役員会の活動を補佐する。

2 運営会議の議長は、副会長がこれに当たり、庶務は学会事務局が担当する。

3 運営会議の委員は、事務局長、各委員会委員長のほか、特に会長が指名する会員とする。

(事務局)

第14条 事務局は、会務の事務全般を処理する。

2 事務局に事務局長及び所要の事務局委員を置く。

3 事務局長は、会長が理事の中から推薦し、役員会により承認を得た者とする。

4 事務局委員は、会員の中から事務局長が指名し、役員会に報告する。

5 事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、別に定める。

 

(編集委員会)

第15条 編集委員会は、機関誌の編集及び発行の事務をつかさどる。

2 編集委員長は、役員の中から互選する。

3 編集委員は、会員の中から委員長が指名し、役員会に報告する。

4 編集委員会の中に書評委員会を置く。

5 機関誌の編集に関しては、別に「編集要項」を定める。

(研究企画委員会)

第16条 研究企画委員会は、本学会が開催する研究大会及びその他の学術的行事の企画立案を行う。

2 研究企画委員長は、役員の中から互選する。

3 研究企画委員は、会員の中から委員長が指名し、役員会に報告する。

(研究大会実行委員会)

第17条 研究大会実行委員会は、各年度の研究大会の設営・運営・実施に当たる。

2 実行委員長は、会長が役員の中から指名し、役員会により承認を得る。

3 実行委員長は、副実行委員長並びに実行委員長補佐を会員の中から指名し、役員会に報告する。

4 実行委員会の委員は、会員の中から委員長が指名する。

5 実行委員会の組織及び運営に関し必要な事項は、別に定める。

(研究分科会)

第18条 研究分科会は、会員の自発的研究を促進するため、役員会において承認を得て設置する。

2 研究分科会責任者は、会長が会員の中から推薦し、役員会において承認を得た者とする。

(会計年度)

第19条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 

(所在地)

第20条 本会は、事務局本部を東京都(目黒区鷹番3丁目6番1号第一ストアビル内)に置き、必要に応じて地方支部を設ける。

 

 

附則

1 この会則は、平成19年7月3日から施行する。

2 防衛大学校防衛学研究会は、本会の発足をもって解散する。防衛学研究会の会員は、日本防衛学会の会員として、その地位は継続されるものとする。

附則

 この会則は、平成20年11月22日から施行する。

 この会則は、平成24年 6月 2日から施行する。

 この会則は、平成26年 6月14日から施行する。

 この会則は、平成26年11月30日から施行する。

 この会則は、平成29年 6月10日から施行する。