日本防衛学会タイトル
 

平成20年度研究大会について

日本防衛学会では防衛大学校の協力を得て、第2回研究大会を次のとおり開催しました。  
 
開 催 日:平成20年11月21日(金)~11月22日(土)
会  場: 防衛大学校 社会科学館大教場  
       (神奈川県横須賀市走水1-10-20)
 
第1日 11月21日(金) 13:00~18:50
   研究報告部会1 「自由論題」 (13:00~15:10)   
      Ⅰ報告者①川中敬一(3等海佐 )「和諧」の歴史的連続性に関する考察  
            ②久保恒明(3等陸佐 ) タスクフォースの意志決定に関する研究  
            ③村永次郎(1等陸佐 )日本文化の特質と戦争の教訓-大東亜戦争を中心に-  
       司 会   荒川憲一(防衛大学校准教授)       

     Ⅱ報告者①井手達夫(3等海佐) 防衛システムの共通化の動き-COTS、AF、調達基盤-  
           ②竹平哲也(1等空佐)大量破壊兵器拡散問題と軍備管理  
      司 会    岩田修一郎(防衛大学校教授)
 
   研究報告部会2 「米大統領選挙・新政権・日米関係」(15:20~17:40)   
      報告者 ①久保文明(東京大学大学院教授) 米大統領選挙の分析と新政権の基本的性格について  
           ②村田晃嗣(同志社大学教授) 新政権の歴史的背景と外交課題  
      討論者   山口 昇(陸将)  
      司 会    太田文雄(防衛大学校教授)
 
   特別講演 (17:50~18:50)  
      講 師  吉田 正紀 (前在米防衛駐在官・海将補)  
             「 GWOT(Global War on Terrorism)と米国の新海洋戦略 

第2日 11月22日(土) 9:30~17:30
 
   研究報告部会3 「軍事・科学技術の現状と課題:ステルス技術とミサイル防衛」(09:30~11:40)  
      報告者 ①井上偉彦(2等空佐)ステルス技術の新展開  
           ②馬場順昭(防衛大学校副校長)ミサイル防衛と科学技術の課題  
           ③安江正宏(前防衛省技術研究本部長)弾道ミサイル防衛と日米共同研究開発  
      討論者   加藤 朗(桜美林大学大学院教授)  
      司 会    加藤三千夫(防衛大学校戦略教育室教授)  
 

  特別講演 (13:50~14:50)   
      講 師  北岡 伸一(前国連次席大使) 戦後の終りと今後の日本の安全保障政策 

  研究報告部会4 「21世紀における政軍関係と防衛省改革」〔15:00~17:20〕  
     報告者 ①彦谷貴子(防衛大学校准教授) 21世紀における政軍関係の問題点  
          ②竹河内捷次(防衛省改革会議有識者メンバー・元統幕長)防衛省改革を巡って  
     討論者 森本 敏(拓殖大学大学院国際協力学研究科教授)  
     司 会 佐藤 謙(世界平和研究所副会長・元防衛事務次官)

    開催校挨拶 (17:20~17:30)   
       防衛大学校長 五百旗頭 真 (名誉会長)

  研究大会プログラム印刷用ファイル: 20kenkyu.pdf