日本防衛学会タイトル
 

公募原稿投稿規程

機関誌への投稿「公募」のお知らせ

(常時受付を行っています)

 

日本防衛学会では、学会員の皆様に自主的、かつ公平な発表の機会を多く提供し研究活動を活性化するため、機関誌『防衛学研究』への投稿を常時「公募」しています。

 投稿を希望される方は、「公募原稿投稿規定」をご覧になり、積極的に応募して下さい。

 

「公募原稿投稿規定」

1. 『防衛学研究』は、防衛、安全保障問題を歴史、理論、地域研究、比較政治、法制度、科学技術等の観点から分析する学術雑誌である。

2. 投稿できるのは、日本防衛学会の会員および名誉会員とする。ただし、共同執筆者として上記以外の者を含むことができる。

3. 公募原稿の種類は、「論文」と「研究ノート」とする。

4. 同一会員による「論文」と「研究ノート」を2年以内に2回以上掲載することは、原則としてしない。

5. 投稿原稿は未刊行のものとし、他誌への二重投稿は認めない。

. 投稿は、常時受け付ける。

7. 原稿の投稿先は、日本防衛学会事務局『防衛学研究』編集委員会とする。

8. 執筆にあたっては、トツプページ・メニューにある「編集及び執筆要領」を開き、参考にすること。投稿原稿が執筆要領を遵守していないと編集委員会が判断した場合、審査の対象としない場合がある。

(2016年11月16日編集委員会改訂、2017年3月4日役員会承認)
以上